フライヤー印刷をプロに任せてカンタン宣伝活動~効率的な広告作成~

用途別に選ぼう

インク

透明封筒といっても、ピンとこない方が多いように感じます。中身が見える状態であるため、単行本の立ち読みを防止したり、DMで中身が見えるようにしたりと、透明になったものはいろいろな場所で使われています。中でも透明封筒は、近年業者からも印刷の依頼が殺到しているもので、利点を沢山持っています。例えば、透明封筒の性質を活かした使い方だと、水や汚れに強いことでしょうか。雨や万が一コーヒーをこぼした場合も透明封筒で中身を守ることができます。さらに、印刷会社が手がける透明封筒は、素材がしっかりと透明なため、中身の確認が安易にできる利点もあります。近年は、茶封筒に入った危険物が郵送されるという事件もありますので、こうした警戒心から、印刷の依頼をする場合透明封筒にすることが多くなっています。防犯面でもこの透明封筒は大活躍してくれますから、今後も続けてほしいものです。

印刷会社に依頼ができる透明封筒は、ダイレクトメールやDMに使われるアイテムで知られています。また、中身がそのまま反映する特長を利用し、チラシや広告、案内状を一枚ずつ入れることが可能です。この効果は、コスト削減に繋がると高い評価を受けており、印刷の注文が殺到中です。また、透明封筒にしたことで開封率がぐんと上がることから、目が通されることも多くなります。結果、高い宣伝効果が得られるようになるのです。さらに、印刷会社が勧める透明封筒は、丈夫に仕上がっているので分厚い本もすんなり入ります。使用することで数々のメリットがありますから、ぜひ活用をしていきましょう。